:添付ファイル置き場 - 井関龍太のページ

ホーム   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 コピー 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

:添付ファイル置き場

Last-modified: 2018年09月03日 (月) 11:39:51 (78d)
Top > :添付ファイル置き場

研究業績のページにリンクするための添付ファイル

  • 井関龍太 (2018). かわいい画像や動画を見ることは注意を広げるか 日本認知心理学会第16回大会発表論文集, pP2-055.
  • 井関龍太 (2018). 手書き文字のどこにパーソナリティの違いを感じるのか 日本認知科学会第35回大会
  • 井関龍太 (2017). マインドワンダリングが採集行動に及ぼす影響 日本心理学会第81回大会発表論文集, p. 534.
  • 井関龍太 (2016). 認知心理学研究におけるサンプルサイズ設計 日本パーソナリティ心理学会 アフター・カンファレンス企画(共催:日本社会心理学会)統計セミナー 心理学研究におけるサンプルサイズ(企画・マネジメント:村井潤一郎)話題提供
  • Ryuta Iseki (2016). The effects of preliminary tests of sphericity before repeated-measures ANOVAs on type I error rates and statistical power. The 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  • 井関龍太 (2014). “効果”を解釈する-分散分析における効果量- 日本教育心理学会第56回総会自主企画シンポジウム(JH01 文系学生に対する心理統計教育-分散分析の理論と実践について-,企画:山田剛史・寺尾敦)話題提供
  • 井関龍太・川﨑惠里子 (2014). テキスト理解時の思考過程-文書の面白さとマインドワンダリングの生起の関係- 日本教育心理学会第56回総会発表論文集, 651.
  • 井関龍太 (2014). 反復測定デザインにおける信頼区間 日本心理学会第78回大会企画シンポジウム(SS-029 イプサティブ項目とレパートグリッド法と信頼区間の話をじっくり聞く,企画:荘島宏二郎)話題提供
  • 井関龍太・楠見孝 (2012). 潜在的因果性バイアスに及ぼす語順と格役割の効果 日本心理学会第76回大会発表論文集, 837.
  • 井関龍太・楠見孝 (2012). 固有名と役割名の焦点状態が潜在的因果性バイアスに及ぼす効果 日本認知心理学会第10回大会発表論文集, 44.
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi. (2012). Which task is more predictive for implicit-causality bias during reading, sentence-completion or rating tasks? Poster presented at the 10th Tsukuba International Conference on Memory: Functional Neuroimaging of Episodic Memory, Tokyo, Japan.
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi. (2011). Integrating scientific information from multiple sources with different credibility. Poster presented at the 52nd Annual Meeting of the Psychonomic Society, Seattle, WA.
  • 井関龍太・川﨑惠里子 (2011). 想起項目の具象性は適応記憶に影響するか 日本心理学会第75回大会発表論文集, 790.
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi. (2011, July). Semantic roles underlying the action-state distinction theory of implicit causality. Poster presented at the 21th Annual Meeting of the Society for Text and Discourse, Poitier, France.
  • 井関龍太・楠見孝 (2011). 短所は後からでもカバーできる-文境界を越えての談話焦点の効果- 日本認知心理学会第9回大会発表論文集, 71.
  • Ryuta Iseki, Eriko Kawasaki, & Yukie Mochida (2011). Hypermnesia in the sentence superiority effect. Poster presented at 9th Tsukuba International Conference on Memory: Demantia and Memory, Tokyo, Japan.
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi (2010). Does the accessibility of referents impact implicit causality in sentence production? Poster presented at the 51st Annual Meeting of the Psychonomic Society, St. Louis, Missouri.
  • 川﨑惠里子・井関龍太・持田幸恵 (2010). 文優位性効果の記憶高進(2)-イメージ化の効果- 日本心理学会第74回大会発表論文集, 800.
  • 井関龍太・川﨑惠里子・持田幸恵 (2010). 文優位性効果の記憶高進(1)-チャンク形成の効果- 日本心理学会第74回大会発表論文集, 799.
  • 井関龍太 (2010). 言語と思考の相互作用過程-潜在的因果性研究から- 日本心理学会第74回大会ワークショップ(WS046 社会的行為としての物語理解,企画:米田英嗣)話題提供
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi (2010). Age differences in source memory for scientific web-texts. Poster presented at the 20th Annual Meeting of the Society for Text and Discourse, Chicago, Illinois.
  • 井関龍太・楠見孝 (2010). 断りを入れても長所は変わらない-談話焦点が人物の好ましくなさに及ぼす効果- 日本認知心理学会第8回大会発表論文集, 116.
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi (2010). Asymmetrical change of implicit causality by passivization for action and state verbs. Poster presented at 8th Tsukuba International Conference on Memory: Memory and Aging, Japan.
  • 井関龍太 (2009). 言語心理学データの分散分析-項目分析の問題- 日本認知心理学会ディスコース心理学研究部会第2回研究会
  • Ryuta Iseki & Takashi Kusumi (2009). Source memory for multiple web texts about scientific topics. Poster presented at 50th Annual Meeting of the Psychonomic Society, Boston, Massachusetts.
  • 周藤純・井関龍太・菊地正(2009)サビタイジングにおける妨害項目処理(2)-課題関連項目の影響- 日本心理学会第73回大会発表論文集, 765.
  • 井関龍太・周藤純・菊地正(2009)サビタイジングにおける妨害項目処理(1)-知覚的負荷の効果- 日本心理学会第73回大会発表論文集, 764.
  • Ryuta Iseki & Tadashi Kikuchi (2009). How does adversative conjunction improve one's impression? The specificity of discourse focus effect. Poster presented at SARMAC VIII (The 8th Biennial Meeting of the Society for Applied Research in Memory and Cognition), Kyoto Heian Kaikan, Japan.
  • 井関龍太・川﨑惠里子(2009)自伝的記憶における想起の視点と想起時期の関連性の検討 日本認知心理学会第7回大会発表論文集, 105.
  • 井関龍太・菊地正(2008)サビタイジングとカウンティングにおける視覚的注意の配分-反応適合性効果による検討- 日本心理学会第72回大会発表論文集, 607.
  • 井関龍太・菊地正(2008)断りを入れても短所は隠せない-逆接表現が人物の具体的特徴の好ましさに及ぼす影響- 日本認知心理学会第6回大会発表論文集, 122
  • Ryuta Iseki, Mariko Itoh, & Eriko Kawasaki (2008). Mentally representing the shapes of objects costs executive functions. Poster presented at 7th Tsukuba International Conference on Memory: Current Directions in Visual Memory, Japan.
  • 井関龍太・菊地正(2007)2つの目標を同時に思い描けるか?-視覚探索におけるターゲットテンプレートの設定- 日本心理学会第71回大会発表論文集, 631.
  • 井関龍太・菊地正(2007)逆接表現で短所も好印象に-談話焦点が人物の好ましさに及ぼす効果 日本認知心理学会第5回大会発表論文集, 92.
  • 井関龍太(2007)横スクロール表示における読みとマジカルナンバー 菊地正(研究代表)平成17-18年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書 スクロール提示される文章の読みやすさの規定要因と表示周辺の有効視野(課題番号17530524) pp. 111-123.
TrackBack(0) | 外部リンク元 | このエントリーをはてなブックマークに追加

添付ファイル: fileiseki_jcss_2018_Poster.pdf 21件 [詳細]   fileiseki_jscp_2018_Poster.pdf 43件 [詳細]   fileiseki_jpa_2017_Poster.pdf 149件 [詳細]   fileiseki_jspp_ac2016.pdf 4009件 [詳細]   fileiseki_icp2016_Poster.pdf 224件 [詳細]   fileiseki_jaep_SS2014.pdf 2639件 [詳細]   fileiseki_jaep_2014_Poster.pdf 623件 [詳細]   fileiseki_jpa_SS2014.pdf 657件 [詳細]   fileiseki_psychonomic_2011_Poster.pdf 285件 [詳細]   fileiseki_jpa_2012_Poster.pdf 347件 [詳細]   fileiseki_jscp_2012_Poster.pdf 300件 [詳細]   fileiseki_jscp_2012.pdf 269件 [詳細]   fileiseki_tic10.pdf 341件 [詳細]   fileiseki_jpa_WS2010.pdf 568件 [詳細]   fileiseki_jpa_2011_Poster.pdf 407件 [詳細]   fileiseki_ST&D_2011_Poster.pdf 255件 [詳細]   fileiseki_jscp_2011_Poster.pdf 357件 [詳細]   fileiseki_jscp_2011.pdf 288件 [詳細]   fileiseki_tic9.pdf 697件 [詳細]   fileiseki_psychonomic_2010_Poster.pdf 260件 [詳細]   fileiseki_jpa_2010b_Poster.pdf 345件 [詳細]   fileiseki_jpa_2010a_Poster.pdf 289件 [詳細]   fileiseki_ST&D_2010_Poster.pdf 207件 [詳細]   fileiseki_jscp_2010_Poster.pdf 264件 [詳細]   fileiseki_jscp_2010.pdf 292件 [詳細]   fileiseki_tic8.pdf 467件 [詳細]   fileiseki_DScog_2009.pdf 915件 [詳細]   fileiseki_psychonomic_2009_Poster.pdf 223件 [詳細]   fileiseki_jpa_2009b_Poster.pdf 289件 [詳細]   fileiseki_jpa_2009a_Poster.pdf 358件 [詳細]   fileiseki_sarmac8_2009_Poster.pdf 260件 [詳細]   fileiseki_jscp_2009_Poster.pdf 451件 [詳細]   fileiseki_jscp_2009.pdf 1259件 [詳細]   fileiseki_jpa_2008_Poster.pdf 1715件 [詳細]   fileiseki_jscp_2008_Poster.pdf 252件 [詳細]   fileiseki_jscp_2008.pdf 238件 [詳細]   fileiseki.tic7.pdf 490件 [詳細]   fileiseki_jpa_2007_Poster.pdf 282件 [詳細]   fileiseki_jscp_2007.pdf 352件 [詳細]   filekikuchi_kaken07_iseki.pdf 1244件 [詳細]