MPTモデルによるソースモニタリングデータの分析 - 井関龍太のページ

ホーム   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 コピー 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

MPTモデルによるソースモニタリングデータの分析

Last-modified: 2013年09月28日 (土) 18:23:09 (1879d)
Top > MPTモデルによるソースモニタリングデータの分析

MPTモデルとは

MPTモデル(multinomial processing tree model)は,カテゴリカルデータ(頻度データ)を潜在的な認知過程に基づいて分析する手法です。
仮定した認知過程の測度(確率推定値)を得られることに加えて,複数のモデルを比較することによる統計的仮説検定を行うことができます。

このページでは,この分析法がよく用いられるソースモニタリング実験を例として,MPTモデルによる分析の方法を簡単に説明します。
具体的なコンテンツは,以下の通りです。

基本的に,ひとつながりの文章として書かれていますので,この順に読まれるのがよいと思います。

MPTモデルに関しては,ユーザーレベルでの情報が見つからず,ある程度使えるようになるまでにけっこう苦労したので,備忘録も兼ねてこのようなページを作成しました。
そういった事情ですので,情報の正確さについては必ずしも保証しかねるところがあります。
より正確な情報については,引用文献を参照ください。

TrackBack(0) | 外部リンク元 | このエントリーをはてなブックマークに追加